プリンとコーヒー

ぼちぼち投稿を再開したいと思っています

もっと早く知っておきたかった Lightroom の機能

昨年末に、ソニーのミラーレス一眼カメラ NEX-3N を購入しました。それに合わせ、RAW 画像の現像や管理のために Adobe Photoshop Lightroom 5 も購入しました。はじめての一眼カメラと現像処理なので右も左も分からない状態でしたが、最近ではカメラまかせのオート機能を使って、ある程度望み通りの写真を撮ったり、撮った写真を Lightroom で管理・現像できるようになりました。

そんな私が、もっと早く知っておきたかった、つまり活用している Lightroom の機能をいくつかまとめておきます。

なお、具体的な操作手順や作例は、ヘルプを含め、既に多くのウェブサイトにあるので省略します。

ひとまず「自動階調」

はじめて Lightroom で写真を読み込んだときの感想は「なんか暗い」でした。そこで、補正して望み通りの写真に仕上げていこうと思いましたが、露光量はともかく、ほかのパラメータはさっぱり分かりません。ということで「自動階調」(「自動補正」)を使ってみると、ボタンひとつでそこそこ良い感じに補正されます。

手順としては、「プリセット」パネルの「Lightroom 一般プリセット」内の「自動階調」を選択するか、「基本補正」パネルの「階調」領域にある「自動補正」をクリックします。

また、写真の読み込み時に自動階調プリセットを適用させることもできます。手順としては、読み込みウィンドウの「読み込み時に適用」パネルの「現像設定」で「自動階調」を選択します。この方法で読み込み時に適用しても、現像モジュールの「初期化」ボタンを使えばオリジナルの写真に戻すことができるので、私は読み込み時には常に自動階調を適用させています。

レンズのゆがみを補正する「プロファイル補正」

いくつか写真を読み込んでみると、四隅が暗い写真があることに気づきました。どうやら「口径食」という現象とのこと。これは「レンズ補正」パネルで「プロファイル」をクリックし、「プロファイル補正を使用」のチェックを有効にすることで、使用したレンズに合った補正が行われます。

また、このプロファイル補正では、口径食の補正(周辺光量補正)だけでなく、レンズのゆがみも補正されます。というより、レンズのゆがみを補正するのが主のようです。

次の手順で、簡単に複数の写真に対してプロファイル補正を適用させることができます。

高 ISO 感度で撮影したときの「ノイズ軽減」

私は室内で撮影することが多いので、どうしても ISO 感度が高くなりがちです。すると必然的にノイズが多くなってしまいますが、Lightroom の「ノイズ軽減」を使用することでかなり除去することができます。

方法としては、「ディテール」パネルの「ノイズ軽減」領域にある「輝度」のスライダーを調整します。あまり大きな値にすると、のっぺりとした感じになってしまうので注意が必要です。

大胆なレタッチの前に「仮想コピー」

写真の加工に限らず、大きな変更をする前に別の名前をつけてファイルを保存しておく方は多いと思います。しかし、Lightroom による加工は非破壊編集なので、そういった方法を使わなくても「ヒストリー」パネルを使用することで、いつでも過去の状態に戻すことができます。

そのため、同じ写真を基に複数のバージョンを作成する機能である「仮想コピー」を使う機会はあまりないと思いますが、私は大幅にトリミングする前には仮想コピーを作成しています。

というのも、ライブラリモジュールではレタッチ後の写真が表示されるため、大幅にトリミングするとオリジナルの写真に写っている範囲が分からなくなってしまうからです。トリミングの前に仮想コピーを作成しておくと、切り抜かれる前の写真も同時に表示されるので便利です。

このほか、スポット除去ツールや円形フィルターなどを使用しています。ここで挙げた機能は Lightroom の持つ機能のごく一部で、まだまだフル活用しているとは言えませんが、買って良かったと思えるアプリケーションです。

© shijimiii. 2012–2016