プリンとコーヒー

ぼちぼち投稿を再開したいと思っています

App Store の不具合:私の場合

数日前から App Store のアプリケーションを更新すると起動できなくなるというトラブルが話題になっています。

影響を受けたユーザーは少数とのことですが、私は見事に当たってしまいました。とはいえ、アプリケーションが起動できなくなるような致命的な問題が起きなかったのは幸いでした。

私の場合

参考になる人はいないと思いますが、私の環境で起きた問題を覚えている範囲でまとめると次の通りです。なお、iTunesOS X Lion 上の 10.6.3、デバイスは iPod touch(第4世代)です。

  1. iTunes で2つのアプリケーション(「mixi」と「防災速報」)の更新が利用可能と表示されていたので、すべてダウンロードする
  2. 「防災速報」はダウンロードされたが、「mixi」はダウンロードされずエラーが表示される。エラーには、メニューの [Store] - [ダウンロード可能な項目があるか確認] を実行するよう指示がある
  3. ダウンロードされないにもかかわらず「mixi」は更新が利用可能なアプリケーションとしてリストに残ったまま
  4. 先の指示に従って [ダウンロード可能な項目があるか確認] を実行しても変わらず
  5. iPod touch と同期すると「防災速報」は同期(更新)されるが、「mixi」は同期されない

結局、「防災速報」については更新されてデバイス上でも正常に動作し、「mixi」については以前のバージョンのまま(正常に動作する)、という状態になりました。

現在は

冒頭で紹介した apptoi の最新の記事「Apple が更新アプリがクラッシュする問題対応でアプリを再更新し、レビューをクリア」によると問題は完全に解決したようです。

更新アプリがクラッシュする問題は解決され、Appleは修正したアプリを更新バージョンとして配布した。(省略)更新版としてリリースされたことで、ユーザーはアプリを削除して再インストールしなくても、単純に「アップデート」をすることで正しく稼働するアプリをインストールすることができる。

http://www.apptoiphone.com/2012/07/apple_07.html

記事で述べられている通り、私の環境でも先ほど確認したところ再び「mixi」と「防災速報」の更新が利用可能となっており、今度はどちらも正常にダウンロードされました。

ちなみに

余談ですが、上で出てきた「防災速報」というアプリケーションはとても便利なのでおすすめです。

詳しい機能については、提供元である Yahoo! JAPAN の紹介ページで知ることができますが、中でも私が重宝している機能は「豪雨予報」のプッシュ通知です。この通知があった数分後に、ほぼ間違いなく降水が激しくなります。感動します。笑

また、通知をタップしてアプリケーションを起動すると今後の予想雨量が表示されるので、どの程度で雨が穏やかになるか分かり、外出の予定がある際などにとても役に立ちます。

© shijimiii. 2012–2016